御所工芸館 Top
九州の石橋文化 
木の心地良さ 
連絡先
ショッピング
 石橋型積木 おすすめ 石橋型積木2
 飾り棚1


ヘルシーで本当に
美味しい
「山都なでしこ」の

野菜のクッキー 
製作例
 テーブル 机
 飾り棚
 木工小物
 ハンガーラック
 山都町バスターミナルのベンチ
 薪ストーブの柵
 八八窯の調理台
 ワゴンテーブル
関連店紹介 
初めての方へ  
ご利用ガイド 
特定商取引法に関する表示 
個人情報の取り扱い 
プロフィール 
テレビ取材を
受けました。
リンク 
サイトマップ 

木の心地良さを知って
いますか?

あなたの世界観を
変える?
御所工芸館がおすすめするこの一冊
「不均衡進化論」 
古澤 満 著 筑摩書房
 

 
所在地: 熊本県上益城郡山都町御所2812−1    連絡先: quest@gosho-k.jp  代表 沼田文男
 知っていますか? 木の心地良さを!

  杉の木の、どこか温かみのある柔らかい感触、香りを知っていますか? 

 木で作った家には、木の匂いがありました。

 日本が育ててきた木の文化を見直しませんか?

 最近、塗装をしていない無垢の木に直接触れたことがありますか。昔だったら当たり前のことが、いつの間にか、出来なくなってきていることに気付いたりしませんか。

 木に囲まれて生活するということが、現代では、むしろ贅沢なことになりつつあることに疑問を感じませんか?

なぜ、このようなことになったのでしょうか?

 素材として、現在の住宅に使われる木材の割合が著しく低下しています。
 使われる木材も、ほとんどが外国からの輸入品で、国産の木材は
2割程度でしか使われていないそうです。なぜ、外国からの遠い道のりを、無駄なエネルギーを使って木材を運搬しなければならないのでしょうか?

 戦後の政策で、日本中の山に、建築の材料となる杉やヒノキが植林されました。ところが、その適正な伐採時期が来ても、それらの木は伐採されず、スギ花粉症の原因にすらなってきています。日本の山には沢山の木が生えているのに、世の中の経済の仕組みが原因で、それを利用できないという矛盾があります。何とか解決できないものでしょうか?

 私たち一人一人が意識を変化させることで、当たり前の状態に近づけることができないでしょうか?

国産の杉やヒノキを木材として消費することは環境に優しいことです。
  木材の利用は、二酸化炭素(CO2)排出の観点からも環境に優しいと考えられます。木材は、燃やすことで二酸化炭素を発生しますが、木の成長過程で二酸化炭素を吸収しているため、木の成長から廃棄までの全体を通して考えれば、大気中の二酸化炭素を増やすことにはならないでしょう。石油などの化石資源の代替として木材を使用することは、大気中への炭酸ガス放出を抑制することにつながるでしょう。

自然素材として、木のもつ癒しの効果に異議のある人はほとんどいないでしょう。
木をもう一度見直し、身近なところから生活に木を取り入れてみませんか。

 
 
 
石造りアーチ橋(石橋)をモデルにした積木です。
九州のお土産としても、おすすめです。
 
 石橋型積木9M
2500円
  在庫:
数量:
 さらに詳しく見る場合は、
こちら
このページへのリンクは自由ですが、ご一報いただけると幸いです。
連絡先: quest@gosho-k.jp

必要でしたら、左のバーナーをお使いください。
 
 御所工芸館 Top へ